TOP会社案内沿革

フカキの歴史は日本の毛織物のあゆみ。

日本の毛織物の発展とともに、120年を越える歴史を築いてきたフカキ。その技術の進化は無数の製品に姿を変え、フカキ本社の資料室に膨大な生地サンプルとしてまとめられています。これは品質と技術を誇る日本の毛織物業の足跡を示すとともに、風俗、文化、ファッションの流れを語る貴重な財産です。この資料は常に新しい価値が加えられ、時代の夢を語る証人としてこれからも充実を続けます。

年代
フカキの主な出来事
1887年明治20年
農家の副業として、また、綿の集散地・堺に近い地の利を利用して、綿を紡ぎ真田紐を織り始める。
1892年明治25年
綿毛布の製造により、製織業に入る。
1899年明治32年
ウールのショール(肩掛け)の製産開始。
1918年大正7年
紡毛ミュール紡績開始(菅原町)起毛整理を始め、毛布の一貫作業開始。
現在は最新鋭のコンピューターミュールですが、日本でも最初のミュール紡を始めたとの文献が残っています。
1927年昭和2年
ウールの服地(ラシャ)の製造開始。
1930年昭和5年
カシミヤを手掛ける。カシミヤショール、コート地製造開始。
1936年昭和11年
毛織工場完成(旧春日町本社毛織工場)幾多の苦難の時代を乗り越え、現在の深喜毛織の基礎を作り上げた工場です。
1941年昭和16年
陸軍用毛布の賃加工工場に指定され、以後終戦まで軍需毛布の生産し、民需用新毛使用を禁止される。
1947年昭和22年
深喜毛糸紡績株式会社設立(旭町前紡績工場)
1950年昭和25年
深喜毛織株式会社に改称
1953年昭和28年
染色整理工場完成(現在地)毛織物服地(ラシャ)の一貫生産を確立。紡毛織物の一貫工場の第一歩です。
日本で現在、一貫で見られる工場は深喜毛織のみになりました。
1954年昭和29年
カシミヤ織物のアメリカ輸出を開始。その後日本からの輸出の70%以上の実績を上げる。戦後復興期の日本のドル不足に悩んでいた時期に貴重なドルを稼ぎ、輸出貢献企業に認定され、ささやかながら現在のソニー、トヨタの役を担っていました。
1970年昭和45年
本社、毛織工場、板原へ移転(現在地)
歴史館 日本人が洋服を着出した時からの資料。 紡毛テキスタイル業の技術革新。
そして、時代の流れと共に変わるファッションの貴重な資料です。
1978年昭和53年
カシミヤマフラーのカタログ販売開始
1987年昭和62年
創業100周年を迎える。深喜毛織100年史発行
1989年平成1年
自社カシミヤ製品の総合カタログ販売開始。
1995年平成7年
中国に合弁企業。維信深喜(臨河)絨毛紡績有限公司設立。一般的な安い商品を期待する合弁ではなく、良質カシミヤ原料の安定確保のため、有力原料収集企業との合弁で、投資と技術指導を致しましたが、出来た製品はほとんどアメリカ、ヨーロッパ等に輸出し、現在深喜毛織には輸入しておりません。
1998年平成10年
品質保証の国際規格「ISO9001」認証取得 CCMI加盟
1999年平成11年
環境管理の国際規格「ISO14001」認証取得
2000年平成12年
新鋭紡績工場竣工。すぐれものマッハコーンナー。結び目を作らずに機械が自動的に継ぎます。
太さの異なる番手ムラの糸は継ぎません。調合 ミュール紡のトップを自認する深喜独自の調合システムです。
2004年平成16年
ムートニィ ブランケットが国際海事機関(IMO)の定める、船舶に使用される寝具類の着火性試験に合格する。
「カシミヤふとん」として、国内ではじめて特許を取得しました。

労働安全衛生マネジメントの国際規格「OHSAS18001」認証取得
ホールガーメント工場稼働